2006年11月12日

大鳴門橋からの南あわじ阿那賀の風車(兵庫県南あわじ市)

南あわじに風力発電の風車がたくさん立ってます。知らなかったのでちょっとびっくりしました。写真は、神淡鳴道の大鳴門橋を鳴門→神戸向きに走っていた際に撮ったものです。

こうやって見えるだけでも、7,8個見えます。昼間に走ったのがひさしぶりだったからなのか、私にしては突然立ってたように思えました。

大鳴門橋から見ると、ちょうど左側になります。

以前から、右側には風車がひとつ見えていたのは知っていたのですが、左側にもこんなに立っていたなんて、びっくりです。

これらの風車はいったいどこがやっているんだ など、この記事を書くにあたって、少しネットで調べてみました。

従来から見えていた、大鳴門橋よりも東側(鳴門→神戸向きで 右側)は、「ホテルニューアワジ プラザ淡路島」が建てているもので、阿万という地名になるようです。こちらのページにいろいろ書かれています。

ホテルニューアワジ プラザ淡路島 風力発電設備ページ
http://www.newawaji.com/plaza/windpower.html

この風車は、「ホテルニューアワジ プラザ淡路島」に行けば説明などもしてもらえそうです。これを見るのも兼ねて、このホテルに泊まる というのもいいかもしれません。


南あわじ温泉 ホテルニューアワジプラザ淡路島

冒頭写真のたくさん風車の立っている側、大鳴門橋よりも西側(鳴門→神戸向きで 左側)は、阿那賀に建設中の発電所だそうです。作っているのは、クリーンエナジーファクトリー株式会社が親会社になっている子会社です。

この阿那賀には、15基の風車を立てるのだそうです。
(詳細は、こちらのクリーンエナジーファクトリー株式会社のサイトをご覧ください。 http://www.cef.co.jp/index.html )
発電量は、 37,500kW。この南あわじの発電所は、できあがると国内最大の風力発電所になるのだそうです。
クリーンエナジーファクトリー株式会社という会社は、北海道の根室に本社を持つ風力発電会社です。どこが大元で資金を出したのかその生い立ちまではわかりませんでしたが、平成12年から北海道の根室での風力発電からはじまり、今では全国に風力発電の建設計画を持つ会社です。

っと、ここまでは、よかったのですが・・・・

私のイメージでは、風力発電というのは、自然エネルギーを利用する点で今、一番有効な設備で、その自然エネルギー利用のために、大きな意味での地球環境保護の観点から進められている、官民一体となって進められているものだと思ってたのですが・・・。

あるものを見つけてしまいました。

南あわじ市津井へGO
http://hatosyogyo.web.infoseek.co.jp/public_html/cgi-bin/gotui/index.html

ここにある掲示板を読んでいると、風車が設置される地元の方と事業者との協議がしっかりとなされないまま建設工事が進められてようであり、どうも、この風力発電会社の対応が納得できない感じです。風車の近くには、騒音や、低周波の存在(はじめて知りました)などがあり、周辺地域の方が心配される気持ちはよくわかります。

この掲示板を読んでいると、「南あわじ市市長の対応」「協定書問題」「補助金」・・・などなど、いろいろなキーワードでの問題を含んでいるのもわかります。
是非、みなさん一度読んでみてください。

(写真は11/12撮影)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

南あわじ市丸山海釣り公園
Excerpt: 先日、淡路島の、南あわじ市丸山海釣り公園に行ってきました。 北側の丘には風力発電
Weblog: みにとまと
Tracked: 2010-06-20 12:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。